ブロードワイマックス乗り換えは安心?解約金や違約金はかからない!

ブロードワイマックスをご利用の方であるならライバル会社に乗り換えたいな、

 

と判断する方もたくさんいるだと言って間違いありません。

 

しかし、そのような時に不安になってくるのが違約金解約金)の心配だと

 

言えると思います。解約時期によっては2万円程度プラスされる可能性があり、巨額の出費に陥ってしまいますよね。

 

ポイントは、違約金負担を出来る限り軽減させ、

 

安い費用で乗り換えできてしまうキャンペーンをおこなっているプロバイダがあるんですよ。

 

このページではそのようなWiMAXの乗り換えを安い費用でできる方法の手順をひとまとめにしてみました。

 

 

ブロードワイマックスの乗り換えは本当に安心!?

 

WiMAXの乗り換えには違約金負担していただけるプロバイダがある!

 

実は、高い違約金を負担してくれるプロバイダがわずか1つだけ存在しています。

 

そちらのプロバイダが『ブロードワイマックス』です。

 

BroadWiMAXの違約金負担キャンペーンとは、他社のWiMAXからブロードワイマックスに乗り換えると、

 

他の会社を解約するタイミングで発生した違約金をブロードワイマックス側が負担してくれることになります。

 

できるだけ早く別プロバイダに乗り換えトライしたい」といった感じの人が希望ならとんでもなくラッキーキャンペーンだと言って間違いありません。

 

期間は2016年3月1日〜終了不確定と推測されますが、2019年現在でも今でも引き続きあるということです。

 

ブロードワイマックスは他の業者の違約金を負担して貰えるの影響をうけず、月額料金も非常に割安なので、料金を安くしつつ最新端末に乗り換えたい方におすすめのプロバイダです!

 

違約金苦しみお手伝いの選定対策と基準では、違約金をどういった具合に息が詰まる雰囲気をやってくれるのか興味を惹かれますよね。

 

このようなサービスは別の企業からブロードワイマックスへ乗換えした瞬間、果たして払い込んだ違約金を最大で19,000円(非課税)まで払い戻しにて負担してくれることになります。

 

適用条件は?適用条件はBroadWiMAXの公式サイトから、特別企画期間中であればBroadWiMAXに注文した者だと言えると思います。

 

ブロードワイマックスを契約した後、今お世話になっているプロバイダの契約書もしくは違約金の支払いお金がわかる請求書などの書類をBroadWiMAX指定のメールアドレスに配信してチャレンジしてもらったらキャッシュバックは可能となります。

 

そして「ブロードワイマックスへお乗り換えキャンペーン」を使うと、さっきのWiMAXの違約金を負担して貰える以外にも最初の代金円だという異なるキャンペーンも同時使用できるので、

 

全てのキャンペーンをチョイスしたらあり得ないくらいリーズナブルに、新しい端末でまたリニューアルしてWiMAX暮らしを利用することができます。

 

おまけにブロードワイマックスは月額料金が業界最安値の2,726円〜とダントツで割安です。

 

ギガ放題サービスは2ヶ月間2,726円、3か月目からは月額3,411円。

 

月間7Gに対してのライトプランは2年間2,726円、25ヶ月以降は3,326円というわけです。いずれも業界最安値です。

 

仮にBroadWiMAXに対する乗り換えに対処しようとする場合、この乗り換えキャンペーンを駆使することが大切になります。

 

 

ブロードワイマックスの解約金や違約金を回避する裏ワザとは

 

まず第一にブロードワイマックスの公式サイトにて契約違約金負担キャンペーンの応用メソッドの手順オフィシャルサイトから月額最安プラン(ギガあるいはライト)へお手続き頂きます。

 

また、キャンペーン適用はクレジットカード払い限定になります。

 

だとしましても、キャッシュバックお支払い前に解約、

 

そして初期契約解除を申請したにしましたら無効になってしまうため注意が必要です!

 

端末が届いたら、現在お使いのプロバイダのキャンセル

 

違約金の支払いが完成したらブロードワイマックスにメルアドで違約金負担リクエストの1つ1つトライしてみましょう。

 

どうでもいい話ですが、キーポイントとなる負担金額の振り込みですが、申込み書内容が認められれば、申し込み後の翌々月末に指定口座にお金が振り込まれます。

 

違約金負担をしてくれることによりGoodなブロードワイマックスけれども、ビックリかもしれませんが月額料金も他社と比較して大差で低価格です。

 

下記ではWiMAX2+の料金を徹底比較していらっしゃいますので、他のプロバイダも関心を持っている人はそちらも視野に入れていただきたいです。

 

 

乗り換える前に違約金をチェック!

 

さっそく、ぶっちゃけて言えば他社の解約違約金はどれだけの金額に見舞われてしょうか。大手プロバイダを例に確認してみませんか。

 

UQ WiMAXやブロードワイマックス、So-netなどGMOとくとくBB以外のプロバイダは、ほとんどすべて同一の解約料ということです。

 

退会月が13ヶ月目以下でありますと19,000円、14〜25ヶ月目以下では14,000円、27ヶ月目以降では9,500円です。

 

継続期間、並びに「置きかえ月」はMyUQなど、マイページから確認できるのです。

 

余談ながらUQ WiMAXのアップデート月の数え方は課金スタート日を含む月を1ヵ月目として26ヵ月目に違いありません。

 

入れかえ月の数え方はプロバイダに応じて違ってきます。

 

どれにしても当然更新月であれば違約金は削減できる(違約金が円)なので、

 

自分が今契約何か月目かはしっかりとリサーチしておくように心掛けましょう。

 

WiMAXを乗り換える時のプロバイダのセレクト方法3つのキーポイントどなたでもWiMAXを乗り換える要因は、やはり「料金」だと言えると思います。

 

端末はどこも大体同じものをレンタルする機能があるため、現在と比較してネットコストを少なくしたいくらいのの原因が多くあるであると確信しています。

 

そのタイミングで、WiMAXを乗り換える時のタイミングをご紹介します。

 

 

キャッシュバックがもらえるかどうか

 

まず、WiMAXのプロバイダはおニューの申込みのケースでは、結構なプロバイダでキャッシュバックサービスについてしてくれます。

 

払い戻しのプラスアルファキャッシュバックキャンペーンのアピールポイントは最優先に高い価格現金バックに違いありませんね。

 

キャッシュバックサービスのお値段はプロバイダを考慮して良いのですが、ほとんど3万円位の商品価格の事例がいっぱいあります。

 

驚くほど巨額な金額が理由で、プロバイダ選定の場合の価値のあるお値打ちチャームポイントの一個になると考えられます。

 

ですが、このキャッシュバック、もらうのには多少欠点があります。

 

現金払い戻しの悪い点それは「獲得できるチャンスがもの凄く先」「お手続きがめんど臭い」というものになります。

 

支払われるシーズンが相当あとはじめに一番の「いただけるタイミングが思い切り後」だけど、どちらのプロバイダもWiMAXを契約を

 

結んでからというものすかさずキャッシュバックをもらうことができるわけではありません。

 

申込み月してから換算に移って、GMOとくとくBBとSo-netが1年間でBIGLOBEは9か月それより後、niftyは9か月先というわけです。

 

払戻しのご入金最盛期として、WiMAXプロバイダ側お陰で「現金戻しの入金がウェルカムです」と呼称されるもののEメールが届けられます。

 

されどこのEメール、ビックリするなかれ見逃しぎみだということです。

 

どうしてかと言うと12か月もキャッシュバックの位置づけを馴染みがないプロバイダが毎日毎日送ってくる他の

 

メールに埋もれる普段利用しているメールではなく、プロバイダから付与されたメールアドレスに届くといった必ず見過ごしてしまうような仕組みが隠れているのです。

 

手続きが面倒次の「手続きが面倒」ですが、今ほどのメールアドレスより入金先の口座登録を開始することに注意してレクチャーが見受けられるのですが、

 

こういう部分を申し込みができる日にちがわずか1ヶ月しかないプロバイダが大半です。確実に、これらの期間中であればエントリーできなければ返金を受ける資格を消え去ってしまいます。

 

上記2点をクリアし、WiMAX締結した時の返金をしっかり支給されるになると「払戻し発生日」を確実にメモや予定表に記載しておいて、しっかりと覚えておく仕込みが必要不可欠となります。

 

 

1ヶ月の報酬コストがお得なプロバイダを撰ぼう!

 

キャッシュバックのような手間のかかる特典を当てにするよりかは、支払総額のことを考えて本当は月額合計金額のオトクプロバイダにすることこそが1番賢明なことも想定されます。

 

もっと言うなら、WiMAXプロバイダという意味は、2年目以降の月額料金が高く設定してあるところが一般的です。

 

こうした訳があって契約更新月にせっかくなのだから他のプロバイダに乗り換えたほうが月額料金を安く構築できるというメリットがあるというわけです。

 

そして、プロバイダに左右されて返金ではなく月々支出を安くするキャンペーンを実施しているところもあります。

 

それと同等のサービスに覆い被さってハイクオリティのWiMAXを安くゲットできる、なんてことも可能だと言えます。

 

 

NEW端末をセレクトしよう

 

WiMAXの申し込みは一般的2年〜3年協定だと思われます。

 

と言うのは、最悪2年は同一のWiMAX端末をそのままおかないとどうしようもない、という流れです。

 

2年似たような端末の持ち主であると、何があってもピッタリ合う端末は最新端末ではないと断言します。

 

それに加えてライバル会社であればあるほどいい端末が安く市販されている。

 

入れ替え月におNEWの端末にしたいなあと思ったのですがメチャクチャ出費が高い費用になるとされるのは日常茶飯事だと思います。

 

その結果ライバル業者に乗り換えて、最新端末を安い料金で取得できるほうがよいと思います、と口に出して乗り換えを考慮する方も多いです。

 

WiMAXからWiFiルーターに乗り換えるならこの2社が一番だね

 

あとでアピールするプロバイダは、世界中でややこしいお手続きを使用せず引き続き使うことが出来るセールスポイントがあるわけです。

 

言うまでもなく世界的に利用できるWiFiが少なかったので、海外に行く際は事前にルーターやSIMカードをレンタルしなくてはいけませんでした。

 

今後、WiFiルーターに乗り換えようか困惑してる方にはMugenWiFiやどんなときもWiFiをイチオシしています。

 

なお、WiMAX2+とポケットWiFiの最大の異なるところは通信速度だと言えます。

 

WiMAX2+になると、下り最大通信速度が1.2Gbpsなのに対し、ポケットWiFiは端末にも影響されますが下り最大通信速度が150Mbpsくらいだと言えます。

 

この差はスケールの大きいので、全国の活用に限るのであれば運営者はWiMAX2+が良いと思います。